債務整理したら借り入れできない期間はどれくらい?

債務整理するとどうなる?これから債務整理する人のための説明書もし皆さまが債務整理を行うと信用情報機構にその情報が登録されることになります。

そうするとその登録された情報が各金融機関やローン会社、クレジット会社共通のデータベースとなってしまうため、借り入れができなくなってしまいます。

またこれはどの様な債務整理の手続きを行ったかによっても登録の期間が異なるため、最終的には信用情報機関によっても登録される期間がことなり、その間は新規に借り入れができないと言うことになります。

ちなみに各機関と債務整理別の登録機関は株式会社日本信用情報機構(JICC)であれば自己破産は5年、個人再生は5年、任意整理も5年となります。

尚、株式会社シー・アイ・シー(CIC)であれば自己破産は5年、個人再生と任意整理は登録なしとなります。

最後に全国銀行個人信用情報センター(KSC)ですと自己破産と個人再生は10年もの間登録されることになります。

携帯電話料金滞納も注意です

通常信用情報機関に対して事故情報が登録される内容といたしましては貸金、立替金に対する支払が延期された場合ですので携帯電話の料金支払いを滞納してもそれは全く別の物であると言うイメージが強いと思います。

しかし油断をしていると登録されることもあります。

これはどうしてかと申しますと皆さまの毎月の携帯料金の中には携帯電話代金と端末代金が合わさっていることが多いからです。

皆さまの認識では通話料を滞納しているとしても請求内容には端末の分割代が含まれておりますので、割賦販売における信用情報が登録されるCICでは事故情報と言う扱いによって2-3か月の滞納でも登録されてしまい、5年間は情報が消えませんので、直接的な債務整理内容とは別に携帯電話料金の滞納があったか?も気に留めておく必要があります。

債務整理をすると住宅ローンは通らなくなるか?

次は債務整理をすると住宅ローンは通らなくなるのかと言うお話をさせていただきます。

答えからするとどの様な債務整理方法を取るか?と言うことになります。

ですのでもし皆さまが多重ローンに悩まされ、しかし将来的には住宅ローンを組みたいと言う場合には任意整理をされることをお勧めいたします。

これはどうしてかと言いますと任意整理は自己破産や個人再生とは違って金融機関や信用協会に対する印象が違うからなのです。

またもし任意整理で過払い金が発生し、その金額でローンを返済できる場合には信用協会やブラックリストに載ることはありません。

そして5年〜7年経つと信用協会からの登録も消えるので住宅ローンを組むことが可能となるのです。

債務整理を行った金融機関とは別で住宅ローンを行いましょう

確かに債務整理後、5年〜7年が経ったとは言え、債務整理を行った金融機関と同じ銀行やグループ機関だと住宅ローンが通りにくい場合がありますのでできる限り別の金融機関で住宅ローンの申請を行う様に致しましょう。

ちなみにローン会社と金融機関グループをおさらいしてみますと、三菱東京UFJ銀行とアコムは同じグループです。

そして三井ファイナンシャルグループとプロミスが同系、また新生銀行とノーローン、三井住友銀行とモビットとなっております。

ですのでもし過去の負債が大手金融機関であった場合には住宅ローンは地方銀行で組まれることをお勧めいたします。

借金を一本化することで本当に返済計画の見通しが付きやすくなる

私は社会人になって、貧乏大学生の頃とは違って俄然生活に余裕が出来ました。

就職したあとも安い家賃のアパートに住み続けて、圧迫が無かったものですから結構好きなものもいろいろ買えました。

確かに、クレジットカードは非常に上手く駆使出来ていたと思っていました。

しかし衝動的に大きな買い物をしたりして、次第に別のクレジットカードで何とかするという状態になっていきました。

借金をいろんなところでしてしまうというのは、本当に失敗でした。

返すべき場所が複数あるというのは、やはり心理的にも結構負担になっていたんです。

そんな時「借金を一本化することが出来る」という情報を知って、それはもう嬉しかったです。

さっそく私は銀行のほうで借金をまとめることにしたんです。

「おまとめローン」という名前ですっかり普及していますが、確かにこれはありがたいですね。

いざ銀行に申請しようとしても、まずどこに行けば良いのか?はかなり悩みました。

すぐにでも一本化して安心したいという気持ちが強かったですが、やはりここは慎重にならざるを得ません。

かなり悩んだあげく、私はようやくある銀行を選ぶことにしました。

銀行だと総量規制の問題もクリア

銀行とはいっても、大手ショッピング企業が運営する銀行でした。

しかしやはり有名ですから、信用が出来ますしもともと口座を持っていてここのスタッフは対応が非常に良かったのです。

結局は信頼感が大事ということなのでしょう、企業側も利用者側も。

金融商品はいくつかありましたが、私は最適だと思われるプランを選択し申請しました。

そしてしばらく経って、借金を一本化することが無事出来ました。

このように、ひとまとめにして明確にすることは心理的にも助かりますし計画も立てやすいです。

借金総額が多い人だと、銀行を選ぶほうが良いでしょう。

なぜなら総量規制という問題があるからです。

消費者金融であれば、この総量規制に引っかかる可能性があるため申請出来ないこともあります。

各社の金利などを見極めながら、自分に合ったプランを選ぶことが重要になるでしょう。

債務整理・借金問題の相談の関連リンク

債務整理は弁護士に相談!借金の強い味方です!

東京弁護士会

創立120年以上の長い歴史を有する東京弁護士会。
弁護士に相談から法・司法制度を学べる。

日本弁護士連合会

全国52の弁護士会、弁護士及び弁護士法人が日弁連。
活動は人権擁護活動や刑事司法の改革などさまざま。

債務整理・借金返済・過払い金なら債務ナビ!

借金返済や債務整理についてかなりまとめてあるサイト。
借金相談や過払い金についても情報量が満載。